葬式にアクセサリーを身に着けても良いのか

葬式は基本的に華美な服装はタブーとされています。
装いは黒のスーツやワンピースが常識で、カジュアルな服装で出席する事は非常識とされています。
すると、葬式には結婚指輪といったアクセサリーを身に着ける事も控えた方が良いのかと考えてしまいますが、派手でなければ葬式に装飾品を付けていてもマナー違反にはなりません。
例えば、結婚指輪以外で失礼にならないアクセサリーはネックレスです。
特に涙を連想させる真珠のネックレスは喪服との相性も良く、華美な印象を与えません。
しかし、金具部分に光沢等があり派手になってしまう装飾品は周囲から見ると目立ってしまいます。
葬式に身に着けるアクセサリーはシンプルなデザインの物を選ぶ必要があります。
葬式という場はお洒落自慢をする会場ではありませんが、中にはマナー違反をしているにも関わらず平気な顔をして参列する人もいます。
その場に合わせた服装を心掛ける事は冠婚葬祭の場において必ず求められます。
非常識な参列者にならない為に情報収集は欠かさず行いましょう。